本講座・受講案内

NBS 日本速読教育連盟の講座の特徴や詳しい受講内容についてのご案内です。

本講座(東京・青山教室/名古屋会場/オンライン)

一字一句きちんと読み、かつ高速で読む能力を開発します。
右脳を使用して内容を理解をする、脳に新しい「読書回路」を作るプログラムです。
高速にも関わらず、らくに、楽しく、臨場感を持った読書が実現します。

訓練方針

  • 速読訓練は「できたら進む」の個別指導方式です。
  • 安心して訓練に集中して頂けるように、訓練ステップをきめ細かく確立しています。
  • ベテラン講師陣による丁寧な指導と適切なアドバイスで一人ひとりの能力を伸ばします。
こんな方にオススメ
  • 一字一句抜かさずに、順に読んで、しかも高速読書を身につけたい
  • 読書量を増やして、人生をより豊かにしたい
  • イメージ力を使って、臨場感を味わいながら、小説を読みたい
  • 右脳を開発したい
  • 落着いた、深い集中力を身につけたい
  • 記憶力を向上させたい
  • 資格取得を目指している・受験対策

訓練の流れ

大きな流れは以下のように「速読眼の開発」と「速読脳の開発」に分かれています。
まず目の動きを訓練して、目安1分あたり15,000文字を見えるように訓練を進めます。
目の能力が開発されたのち、1分あたり10,000文字を理解して読書するように訓練します。

【速読眼】開発課程

NBS速読教室青山

高速読書に不可欠な【速読眼】を作ります。

目標:1分間に30ページの早さで順に飛ばさず文字を追う

<主な習得内容>
● 左目右目をバランスよく使えるようにする(両眼視)
● 瞬時に焦点を合わせ続ける
● 安定した集中力の継続

【速読脳】開発課程

初回講座の受講

●文章を見た瞬間に理解できる【速読脳】を育てます。

目標:まず1分間に20ページで読書する能力を身につける

(1分間に200ページで読書する能力まで開発可能)

<主な習得内容>
● 高速でも文字が飛ぶことのない見方の高度化
● 集中力をより深め、継続させる
当教室の受講生&卒業生には、1分間に200ページの読書能力を達成した方が数十人います。

速読トレーニングで使う教材

NBSの訓練教材や指導法は、現代人を取り巻く眼の環境にも対応できるよう、日々進化を遂げています。

● 自宅用教材
ご入会時にお渡しします。

● 教室用教材
受講生の課題解決や訓練レベルに合わせ、様々な種類の教室専用教材を取り揃えています。

受講パターン

1Day(8時間)トレーニング

主に土日・祝日・長期休みに実施
集中してトレーニングできます

− 受講可能な教室 −

3時間トレーニング

平日・土日の午前・午後・夜に実施
ご自分の生活スタイルに合わせて参加できます

− 受講可能な教室 −

※ 大阪教室は2024年3月で閉校いたします。

受講生の声

上記に写真が入ります
上記に写真が入ります